読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あどはど

ヘルニアとadhdの日記

腰痛源因

只今40歳、かれこれ20年前から腰が痛かった。

 

昔は痛めてもすぐ治って随分と間を置いてまた痛くなる。の繰り返しだったのが、だんだん痛くない期間が減っていき痛い時と痛くない時の時間が逆転するのでした。

 

でここ2年くらいは慢性化し痛くないときはほぼ無い感じでした。

 

まず問題としては姿勢、お尻の骨が出っ張っているので座る時その骨が当たると痛いので極端に腰を曲げるか反るかで座っていました。

 その姿勢が良くなかったと考えます。

 

今考えればクッションしけばいいだけなんですけどね

 

当時の自分にあったらそんな簡単なことなぜやらんかったと小1時間ぐらい問い詰めたいです

 

それよりももっと源因を作ったのがスノーボードでしょうね

 

普通に滑ってればなにも問題ないのですがそこは若さゆえぶっ飛んでました。

 

10メートルぐらいのジャンプ大で、後ろ宙返り+よこ半回転の3D回転とか飛び回ってました。

 

ハーフパイプが特に好きで当時ボトムからリップまでが3メートルぐらいが主流でした。

 

なのでリップから2メートルぐらいは飛び出す感じかな?

 

綺麗に飛んでリップに戻って来れればいいのですがリップで踏み込み過ぎて跳ねかえると5メートルの落差をまっさかさまです。

 

頭ぶつけて気絶して数時間の間記憶喪失とかちょいちょいありました。

 

腰にもかなり負担がかかっていたと思います。

 

話しがそれますが、この危険なスリルもドーパミン、アドレナリン不足なadhdの脳が欲するものだと自己分析してます。

 

なにしろ危なければ危ないほど目的が達成された時、とてつもない高揚感があったのです。

 

報酬系の脳内物質がドクドク出る感じです。

 

そんな感じで私の身体はボロボロになってゆくのでした。