読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あどはど

ヘルニアとadhdの日記

検査入院 ミエログラフティー

大きな総合病院入院行き、まずここでも鎮痛剤で様子を見ましょうとの事で、セレコック、トラマールが出ました。

 

セレコックはロキソニンの胃痛を緩和し、尚且つ鎮痛効果も強いみたいです。

トラマールは神経に効く鎮痛剤みたいです。

 

今までロキソニンしか出なかったから、多少期待しましたが、思う程痛みは緩和されませんでした。

 

2回目の通院でやはり余り効果が無かった事を告げたら、検査入院しましょうということになりました。

 

生まれてこのかた入院などした事が無かったので、手術する訳でもない安心感からか、この後訪れる地獄も知らず、アホな事に遠足気分でウキウキしてました。

 

ちょっと解せないのが、検査入院の日程です。

検査ごときに6日も入院するのです!

 

何故かというと、病院の都合で、金、月と大きな検査をするからです。

なので木曜から入院し、土日は何も無いのにベッドでゴロゴロし、火曜日に退院です。

 

最初聞いた時ハァ?と思いましたが、もうここに頼るしかないので、まあ仕方がないです。

 

 木曜日、入院当日この日は特に大きな検査は無く血液検査、心電図、レントゲン、MRI等でした。

 

金曜日、ミエログラフティー検査https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ミエログラフィー

 この検査は脊髄に造影剤を注射して検査します

 

最初に局部麻酔をするので、それ程痛くありませんでした。

 

これの後寝て頭を30度ぐらいの姿勢を保ち6時間安静です。

 

これを守らないと髄膜を造影剤が刺激して、頭痛や吐気が起こるみたいです。

 

きちんと守りました。

 

だがしかし!

 

頭痛が起きました。

 

この頭痛は、10日程続きました。

 

土曜日、日曜日、やる事がない!

 

あまりに暇なので、病院を抜け出してコンビニでビールを買い近くの公園で1人宴会してました。

 

余計頭痛が酷くなりました…